phpMyAdminをインストールする【Vagrant】

2018年12月8日

Vagrantに構築したLAMP環境にphpMyAdminをインストールします。
ローカル環境なのでSSL化やURLを変更するようなことはしません。

それはこちらへ→本番環境(さくらVPSのLAMP環境)にphpMyAdminをインストールする

では始めましょう。

参考 http://www.webcyou.com/?p=4703

リポジトリ

phpMyAdminのパッケージはepelリポジトリとremiリポジトリにありますが、remiリポジトリにしか存在しないphp7.1関連のパッケージをあわせてインストールする必要があるため、remiを使用します。
rootユーザーで作業してください。

# yum install –enablerepo=remi,remi-php71 phpMyAdmin

※エラーがでたらこちらを試す

# yum install –enablerepo=remi-php71 phpMyAdmin

「y」で進めます。

phpMyAdminの設定を変更します。
cd コマンドで /etc/httpd/conf.d ディレクトリに移動し、
cpコマンドでphpMyAdmin.confをphpMyAdmin.conf.oldという名前でバックアップ用コピーを作成して、vimコマンドでphpMyAdmin.confを編集します。

# cd /etc/httpd/conf.d/
# cp phpMyAdmin.conf phpMyAdmin.conf.old
# vim phpMyAdmin.conf

phpMyAdmin.confを編集します。
権限が厳しい時はこちらで権限を変更してサイバーダックなどでダウンロードして編集してください。

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
   AddDefaultCharset UTF-8

   <IfModule mod_authz_core.c>
     # Apache 2.4
     Require local
   </IfModule>
   <IfModule !mod_authz_core.c>
     # Apache 2.2
     Order Deny,Allow
     Deny from All
     Allow from 127.0.0.1
     Allow from ::1
   </IfModule>
</Directory>

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/setup/>
   <IfModule mod_authz_core.c>
     # Apache 2.4
     Require local
   </IfModule>
   <IfModule !mod_authz_core.c>
     # Apache 2.2
     Order Deny,Allow
     Deny from All
     Allow from 127.0.0.1
     Allow from ::1
   </IfModule>
</Directory>

6行目付近の以下のようになっている記述を

Require local

このように変更します。

#Require local
Require all granted

Apache再起動

# systemctl restart httpd

では、phpMyAdminが使えるかどうか確認してみましょう。
http://xxx.xxx.xxx.xxx/phpMyAdmin
http://192.168.33.10/phpMyAdmin

表示されれば成功。

ユーザ名は「root」で、初期パスワードは「/var/log/mysqld.log」に記載してあります。

※表示エラーの場合

[root@localhost ~]# vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf


AddDefaultCharset UTF-8


# Apache 2.4

Require ip 127.0.0.1
Require ip ::1
Require ip 192.168.33



# Apache 2.2
Order Deny,Allow
Deny from All
Allow from 127.0.0.1
Allow from ::1

赤字の部分を追加

内部ネットワークからのアクセスを許可

192.168.33.10なので192.168.33を追加

apache2.4なので2.4のところの記述に追記

[root@localhost ~]# apachectl restart