Vimのインストール

Vagrant環境下、または本番環境下でも自由に「Vim」が使えるようにインストールします。

Vagrant環境下、または本番環境下でも自由に「Vim」が使えるようにインストールします。

Vimのインストール

必要なものを揃える

$ yum list installed | grep vim

<結果>Failed to set locale, defaulting to C
vim-minimal.x86_64 2:7.2.411-1.8.el6

vimをインストールするのに必要なパッケージが入っているかを以下のコマンドで確認します。”list installed”はインストール済みのパッケージ一覧を表示します。

$ yum list installed | grep mercurial
$ yum list installed | grep ncurses-devel
$ yum list installed | grep make
$ yum list installed | grep gcc

インストールされていない場合はそれぞれインストールしてください。

$ yum install mercurial
$ yum install ncurses-devel
$ yum install make
$ yum install gcc

Vimのインストール

$ cd /usr/local/src
$ sudo hg clone https://bitbucket.org/vim-mirror/vim vim

vimディレクトリ内に複製され、たくさんファイルができてます

$ cd vim
$ ls

一応、確認のためにリポジトリが更新されてないかの確認のコマンドも実行しましょう。

$ sudo hg pull

<結果>pulling from https://bitbucket.org/vim-mirror/vim
searching for changes
no changes found

では、configureコマンドを使ってMakefileを生成し、makeしましょう。
(makeは自動的にコンパイル等の処理を行うコマンドです。makeするためにはMakefileがないため、configureを使って生成します)

$ sudo ./configure –with-features=huge –enable-multibyte –disable-selinux
$ sudo make
$ sudo make install

確認してみましょう。

vim –version

<結果>VIM – Vi IMproved 8.1 (2018 May 18, compiled Dec 3 2018 01:31:55)

終了です。