Gitコマンドまとめ【GitHub】

2019年11月13日

Gitコマンドまとめ

初期設定を行う

git config –global user.name “XXXX”
git config –global user.email “XXXX@hogehoge.com”

ローカルにリポジトリを作成し、リモートにプッシュする

git init
git add .
git commit -m “コメント”
git remote add origin https://github.com/XXXX/XXXXXX.git
git push -u origin master
git push -u origin ブランチ名

「fatal: remote origin already exists.」 というメッセージが出る場合、「git remote rm origin」でoriginを削除し、再度originを登録すればよい。

git remote rm origin
git remote add origin git@github.com:ユーザ名/リポジトリ名.git
git push -u origin master

ローカルでブランチを作成

git branch ブランチ名

ブランチ作成&チェックアウト

git checkout -b ブランチ名

リモートブランチ情報を取得、チェックアウト

git fetch
git checkout ブランチ名

ローカルでブランチを切り替え

git checkout ブランチ名

ブランチの削除

git branch -d ブランチ名

ローカルのブランチをリモートに反映

git push -u origin ローカルのブランチ名

リモートブランチを削除する

git push –delete origin ブランチ名

リモートからクローンする

git clone https://github.com/XXXX/XXXXXX.git

リモートから変更を取得する

git pull

コミットの修正

git commit –amend

ローカルの変更を確認する

git status

ファイルに加えられた変更点を表示

git diff

ファイル名を指定しても良い。

commitの変更履歴をみる

git log

commitの取り消し

git reset –hard コミットID

ブランチをマージする

※[master]で行う

git merge ブランチ名

その他

git add [ファイル名] //追加
git commit -a -m “任意のコメント” //コミット (-aオプションは変更を自動検出してくれる)
git push origin master //masterを更新
git addの使用例
git add . //すべてのファイル・ディレクトリ
git add *.css //すべてのCSSファイル
git add -n //追加されるファイルを調べる
git add -u //変更されたファイルを追加する
git rm –cached //addしてしまったファイルを除外
git commitの使用例
git commit -a //変更のあったファイルすべて
git commit –amend //直前のコミットを取り消す
git commit -v //変更点を表示してコミット