Laravelのカラム作成で使えるデータ型

2019年7月7日

引用
https://qiita.com/Otake_M/items/3c761e1a5e65b04c6c0e

Laravelでカラムを作る際に使えるデータ型がわからなかったので、よく使いそうなものを自分用にメモ

  • increments(‘id’) … 「符号なしINT」を使用した自動増分ID(主キー)
  • binary(‘カラム名’) … バイナリデータカラム
  • boolean(‘カラム名’) … 真偽値カラム
  • char(‘カラム名’, 長さ) … 長さを指定する文字列カラム
  • date(‘カラム名’) … 日付カラム
  • time(‘カラム名’) … 時間カラム
  • dateTime(カラム名) … 日時カラム
  • double(‘カラム名’, 桁数, 小数点以下桁数) … ○桁で小数点以下×桁の小数カラム
  • enum(‘カラム名’, [‘定数’, ‘定数’]) … ENUMカラム
  • integer(‘カラム名’) … 数値データカラム
  • json(‘カラム名’) … JSONフィールドカラム
  • timestamp(‘カラム名’) … TIMESTAMPカラム
  • timestamps() … created_atとupdate_atカラム
  • nullableTimestamps() … NULL

Laravel

Posted by paisen